お知らせ

横山千恵さん

2017年2月23日

重ね煮を学ぶキッカケとなったのは、健康診断で血圧が高めと言われたことでした。

食生活の見直しが必要だなぁと感じてはいたものの、料理はあまり得意ではなく、包丁使いもままならず、なかなか実行できずにいました。

そんな時に重ね煮教室と出会い、包丁の持ち方から、それぞれの野菜やその後の料理に合わせた切り方、調味料のこと、保存の方法などなど、料理に関する基礎に加え様々な応用などを教えていただき、今では、苦手意識はなくなり、料理を楽しんでいます。

野菜を切っているときは、無の境地。
自分自身と向き合う時間でもあります。
料理に手間をかけることは自分自身に手間をかけることだと知りました。

日々の料理を通して、自分の進歩や心が軽くなるのを実感しています。

キッカケとなった血圧も少しずつ下がってきました。

おいしくて、心にも身体にもやさしい重ね煮。
これからも楽しく学んでいこうと思います。